ウォーターサーバーなら天然水のマイウォーター:バナジウムを豊富に含む富士の天然水「雲上水」を新鮮そのままに。業界最高の品質を目指します。

ミネラルウォーターの意識調査

2009年3月27日 株式会社モビメント

水道水・浄水器 ⇒ 水道水・浄水器・ミネラルウォーターへの変化

1.ミネラルウォーターが生活に浸透
ヨーロッパから入ってきた水を購入する生活スタイルは時間をかけて日本の生活に浸透している。街頭で『あなたの飲み水は?』の問いに対 して約70%がミネラルウォーターもしくは浄水器の水と回答している。つまり飲料としての認知以上に生活を支える水との位置付けが確立されつつあります。
 
2.安定して伸張を続けるミネラルウォーター
国内生産においての前年比は110%、輸入においては123%の伸張率、毎年10%前後の伸張を続けるミネラルウォーター市場。 清涼飲料水部門でのシェア率も10%を超えてきています。
 
3.健康志向の高まり
健康への関心の高まりを受け、身体を構成する水に対しての意識が大きく変化しています。水道の蛇口から水を飲んだことがない10代?20代前半、健康を考える50代を中心に飲料水=ミネラルウォーターになりつつあります。
                                         (ミネラルウォーター協会調)

一人当たり消費量のトップはスペインで日本の約12倍、表には出ていないが、隣国の韓国は43?/年人で日本の約3倍との結果が出ています。
世界的に見ても安全性の高い日本の水道水だが年々ミネラルウォーターの需要は上がっています。
10年前と比較すると約2倍増加しているのです。
では、皆さんはどのような水を飲んでいるのでしょうか?

その他にスーパーなどで汲むイオン水まで入れると約82%の人が水道水を直接飲まないとの回答を得る結果になっています。
 

水道水を直接飲まない理由のトップ5

1位 おいしくない
2位 塩素等の消毒剤が体によくない
3位 水道料金が高い
4位 貯水槽や水道管が汚れているような気がする
5位 臭いがある

水道水に対する不安・不満は世代により違いはありますが、回答を得た中で特に不満はないが14.2%しかありませんでした。 世界でNo1の水道水でも今では支持率はないのです。