ウォーターサーバーなら天然水のマイウォーター:バナジウムを豊富に含む富士の天然水「雲上水」を新鮮そのままに。業界最高の品質を目指します。

マイウォーターで料理の達人

2009年3月28日 株式会社モビメント

おいしいお水と日本料理

マイウォーター 世界に誇れる日本の文化といったら?
伝統芸能や建築物、野球など数々あるけれど一番最初に挙げられるもの、それは
日本料理ではないでしょうか。
 
日本料理は別名「水の料理」と言います。
なまもの、煮物、汁もの・・・すべてといっていいぐらいに日本の食文化には水が微妙な味の変化をもたらしてくれます。
そんな日本料理の中でも、料理の達人たちがとても気を使っているのがお米を炊く時のお水です。水はたっぷり吸収させるお米は、水の良し悪しで別物になってしまうといいます。
聞いた話ですと、お米をといでいる段階でほとんど吸い込んでいるのだそうです。
 
でも、ミネラルウォーターを炊飯に使うのはもったない!という方のほうが圧倒的に多いことでしょう。
なにか「祝いの日に」とか「おいしいお米が食べたい」と思ったときに、まず一度試してみてください。
 
その味の違いに驚きそれからずっと・・・なんてことになりまねませんよ。

 
マイウォーターで料理生活

ごはんみなさんは料理のとき、意識してお水を使っていますか?
ほとんどの方の答えは「NO!」でしょうね。
 
「そんな不経済なことしてられない」だとか「面倒だ」とか・・・
しかし、きれいなお水を使う事で味は大きく変わります。
マイウォーターは日本人の好みに合う「軟水」です。軟水は特に和食料理の調理用水として最適といわれています。
お料理には切っても切れない水。
味を追及している料理店では、水は重要ポイントとして井戸水やミネラル水を使うといいます。
水道水だと水道特有の匂いが食材に移ってしまい、味を落としてしまうからです。
 
微妙で繊細な味にこだわる料理人達は水の質を大切とし、厨房に高価な浄水器を設置したり、美味しい水を汲みに行ったりするのだとか。
でも、これまでの話はあくまでプロの料理人の話。自宅では難しいことですよね。
 
では、一般の家庭でプロに近づけないのでしょうか?
そこで登場するのがマイウォーターです。
日本料理に合う「軟水」とは、カルシウムやマグネシウムの含有量により「硬度」「軟水」に分かれます。含有量が少ない水は「軟水」、多い水は「硬水」です。
日本で流れる水の多くは「軟水」なため、日本人のお口に合う味となったわけですね。
 
マイウォーターをご家庭での料理に使ってみてください。料理は水次第です。
美味しい天然水という武器を加えて、料理の鉄人に近づきましょう。