ウォーターサーバーなら天然水のマイウォーター:バナジウムを豊富に含む富士の天然水「雲上水」を新鮮そのままに。業界最高の品質を目指します。

便秘予防

2010年3月 3日 株式会社モビメント

便秘も、くびれの大敵となります。
便秘をすると、どうしても腸が詰まった状態になってしまいます。
当然、おなかが膨れないはずがありません。
あまりに便秘がひどいと、下腹が異様に膨れる事もあります。

女性にとって、ある意味便秘は一番の敵かもしれません。
これを解消するには、水分をしっかり摂り、食物繊維を定期的に摂取し、適度な睡眠時間をとることが重要です。
便意を無理に我慢したり、過剰な食事制限をしたりする事も、やはり原因となります。
ただ、一番大事なのは生活のリズムとストレスですね。

便意というものは、規則正しい生活をしていると、大抵決まった時間に訪れるものです。
逆に、不摂生をしている場合は、便秘になりやすくなるのです。
便意はおなかの中に一定の量がたまったら起こるものとも限りません。
そもそも、それなら便秘という状態自体ありえません。
大腸の運動が活発化した際に起こるものです。
もちろん、その多くは便が大腸に達したときなのですが、それでも便意をもよおさないケースは結構あります。
それより、日ごろ同じ習慣で食事し、睡眠をとっていれば、身体がいつ便意をもよおすかということを習慣付けるので、そちらを信頼した方が良いでしょう。

ストレスも、大腸の働きを悪くし、便秘の状態にしてしまう原因に数えられています。
ストレスを抱え込むことで、便秘になったという人も多いのではないでしょうか。
適度に運動や趣味にいれ込んでストレスを発散させることで、事態が好転する事もあるので、便秘で悩んでいる人は是非試してみてください。
くびれを作る為に無理にダイエットをして便秘になったというのは、よく聞く本末転倒の例なので注意しましょう。