ウォーターサーバーなら天然水のマイウォーター:バナジウムを豊富に含む富士の天然水「雲上水」を新鮮そのままに。業界最高の品質を目指します。

スロートレーニング

2010年4月21日 株式会社モビメント


スロートレーニング、略してスロトレ。
このスロトレが、おなか周りの脂肪を落としてくびれを作るのには非常に有効とされています。
スロートレーニングというのは、負荷をあまりかけず、ゆっくり、じわじわと筋肉を刺激して、成長ホルモンの分泌を促すというトレーニング方法です。
激しい運動は全くなく、スローな動きで構成されているので、運動神経に関係なく行える点が魅力とされています。
そして、このゆっくりじっくりの運動が、脂肪燃焼にピッタリなんです。

スロートレーニングの特徴のひとつに、毎日行わないというものがあります。
大体、週4日くらいが目安とされていますね。
時間も、実に一日10分程度となっています。
ただ、脂肪を燃焼させるのであれば、時間はもう少しかけた方が良いかもしれません。
30分くらいを見ておけば良いでしょう。

スロートレーニングの一例として、仰向けに寝た状態から腰に手をあて、ゆっくり両足を上にあげ、直角になるところで10秒ほどストップし、その後ゆっくり戻すという運動があります。
場所を取る運動でもないので、どこでもできる点が魅力です。
ベッドの上で気軽に行えます。
激しい運動ではないので、音楽を聴きながら、リラックスした状態で行うなどすれば、飽きる事もないでしょう。

この運動のポイントは、ゆっくり足を上げ、じっと静止し、ゆっくり下げるというこの一連の流れです。
決して素早くやらず、ゆっくりと行う事で、じわーっとウエストに負荷が掛かります。
これが脂肪燃焼、そしてくびれを作る上で非常に効果的なのです。