ウォーターサーバーなら天然水のマイウォーター:バナジウムを豊富に含む富士の天然水「雲上水」を新鮮そのままに。業界最高の品質を目指します。

内蔵脂肪

2010年5月13日 株式会社モビメント

メタボ健診が始まって以降、内臓脂肪への関心が非常に高まってきています。
実際、内臓脂肪は非常に厄介なもので、指でぷにぷにと確認できる皮下脂肪と違い、見た目では全くわからないという点は非常に怖いです。
見た目はぽっちゃり程度の人が、実は内臓脂肪が原因で糖尿病にまで発展した...なんていう事も、十分ありえるのです。

そしてこの内臓脂肪は、腰のくびれを作る際にも大敵となります。
一見、内臓脂肪はあまりくびれとは関係ないように思えますが、実際にはそんな事はありません。
内臓についた脂肪によって、表面の脂肪がないのにくびれが作れないという状況になるケースは非常に数多く見受けられます。
くびれのようにかなりギリギリまでラインを削る場合、内臓脂肪による内臓の膨らみも大きな障害となるのです。

また、内臓脂肪がついている事で新陳代謝が悪くなり、腰周りの皮下脂肪を落としにくくなるという悪影響も生まれます。
こういった様々な要因があるので、内臓脂肪はくびれの大敵と言えるのです。

この内臓脂肪はどうやって効率よく落とせるのかというと、結局のところ、運動と食事につきます。
サプリメントを摂取し、脂肪が少なく、分解力がアップする成分を含んだ食品を摂り、適度に運動するのがベストです。
脂肪吸引などの外科的な方法で除去する事はできませんので、努力と継続で内蔵脂肪を撃退しましょう。