ウォーターサーバーなら天然水のマイウォーター:バナジウムを豊富に含む富士の天然水「雲上水」を新鮮そのままに。業界最高の品質を目指します。

有酸素運動で効果的に腹筋を鍛える

2010年7月 7日 株式会社モビメント

脂肪を燃焼させるには、有酸素運動が良いとされていて、腹筋を付ける為にも、有酸素運動が効果的です。

腹筋の鍛え方を実践していくと確かに腹筋は付いて来るのですが、お腹に付いた脂肪はなかなか減らないという経験はありませんか。

脂肪は腹筋の上に覆いかぶさっている物でこの脂肪をどかさなければ、いくら腹筋が割れようとも見える事はないのです。

ですから腹筋の鍛え方として、先ずは脂肪を減らす事が大切となってくるのです。

では脂肪を減らす為には何をすれば良いか。それは有酸素運動です。有酸素運動は呼吸を大事にして行い、汗が滲む程度の運動を長時間行うと言う運動になります。例えばウォーキングやエアロビクス、ジョギング、ヨガ等が挙げられます。

人間はエネルギーによって動きますが、そのエネルギーは体内にある糖質と脂肪だと言われています。そのエネルギーを消費する為には、運動と基礎代謝が必要です。どんな運動をしても同じ位のエネルギーが消費されると言うものではなく、運動の種類や時間によって消費される量や割合が決まってくるのです。

例えば腹筋運動は腹筋に負荷をかけて行い、筋肉を鍛えていきますので長時間は出来ません。こうした運動の場合は糖質が主なエネルギーとして使われるそうです。逆にウォーキングの様に呼吸を意識し長時間出来る様な運動の場合は脂肪が主なエネルギーとして使われるそうです。

ですから脂肪を減らす為には有酸素運動が効果的であると言えるのです。有酸素運動プラス腹筋運動で皮下脂肪を燃焼させながら腹筋を鍛えて行きましょう。