ウォーターサーバーなら天然水のマイウォーター:バナジウムを豊富に含む富士の天然水「雲上水」を新鮮そのままに。業界最高の品質を目指します。

ミネラルウォーターと軟水

2010年9月24日 株式会社モビメント

ミネラルウォーターではよく「硬度」という言葉を耳にすると思いますが、硬度はどうやって決められるのかご存じですか?

硬度は、水に微量含まれるカルシウム(Ca) 塩やマグネシウム (Mg) 塩の濃度をある方法で表現したものです。

ミネラルウォーターにはもともとこれらの塩が豊富に含まれていて、塩が一定水準より少ないミネラルウォーターを軟水と言い、逆に多いものを硬水と言います。
これは汲みあげる地下水の場所によってかなり変わってきますが、日本の場合は軟水が多い傾向にあります。ヨーロッパなどでは硬水の方が多いと言われています。

軟水と硬水のどちらがミネラルウォーターとして健康によいかと言うことは、中に含まれる成分によって異なってきますから、一概には言えませんので自分で飲んで見て飲みやすいものがいいのではないでしょうか。

ミネラルウォーターが健康に良いと言っても、それがすぐに実感できるほどの効果があるわけではありません。
しかし、他のジュースなどを飲むよりもいいのは間違いありません。

ミネラルウォーターの中にはいろいろな種類があります。
メーカーの違いによって硬度や味も違っているのです。
飲みやすいものは軟水ですが、その軟水でも微妙に違いがあるのです。
焼酎などを飲む人ならば、ミネラルウォーターの味にもこだわりがあるかもしれませんね。