ウォーターサーバーなら天然水のマイウォーター:バナジウムを豊富に含む富士の天然水「雲上水」を新鮮そのままに。業界最高の品質を目指します。
  • ホーム
  • ミネラルウォーターの豆知識

ミネラルウォーターと軟水

2010年9月24日 株式会社モビメント |

ミネラルウォーターではよく「硬度」という言葉を耳にすると思いますが、硬度はどうやって決められるのかご存じですか?

硬度は、水に微量含まれるカルシウム(Ca) 塩やマグネシウム (Mg) 塩の濃度をある方法で表現したものです。

ミネラルウォーターにはもともとこれらの塩が豊富に含まれていて、塩が一定水準より少ないミネラルウォーターを軟水と言い、逆に多いものを硬水と言います。
これは汲みあげる地下水の場所によってかなり変わってきますが、日本の場合は軟水が多い傾向にあります。ヨーロッパなどでは硬水の方が多いと言われています。

軟水と硬水のどちらがミネラルウォーターとして健康によいかと言うことは、中に含まれる成分によって異なってきますから、一概には言えませんので自分で飲んで見て飲みやすいものがいいのではないでしょうか。

ミネラルウォーターが健康に良いと言っても、それがすぐに実感できるほどの効果があるわけではありません。
しかし、他のジュースなどを飲むよりもいいのは間違いありません。

ミネラルウォーターの中にはいろいろな種類があります。
メーカーの違いによって硬度や味も違っているのです。
飲みやすいものは軟水ですが、その軟水でも微妙に違いがあるのです。
焼酎などを飲む人ならば、ミネラルウォーターの味にもこだわりがあるかもしれませんね。
 

ミネラルウォーターの成分

2010年9月 8日 株式会社モビメント |

水は人が生きていくのに欠かせないものですから、その成分がどのようになっているのかを知っておくことは大切なことです。

市販されているミネラルウォーターはたいていのものが成分調整されています。
その成分はペットボトルのラベルに書いてありますが、皆さんはじっくりと読んだことがありますでしょうか。

基本的な成分としてはナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウムです。
マイウォーターの「雲上水」は、さらに天然バナジウムを含有しています。

汲みあげた地下水の場所によってその成分は大きく変わり、成分によって硬度も違ってきます。

自分がどのような目的でミネラルウォーターを飲もうと考えているのかを把握して、それに効くミネラルウォーターを選択しましょう。
ミネラルウォーターの硬度が違っていても、見た目ではわかりませんが、飲み比べてみるとその違いがはっきりとわかるはずです。

健康に良いと言っても、飲みにくいものであれば長続きしませんね。
ミネラルウォーターは薬として飲むのではなく、日常生活の中の水として飲まなければならないからです。
 

水道水

2010年8月27日 株式会社モビメント |

最近では、水道水を飲まないと言う方が多いのではないでしょうか。
ポットに入れる水やお米をとぐ水もミネラルウォーターを使っている方も多いようです。
水道水は飲まないのだけれどもミネラルウォーターは購入して飲むと言う習慣を持っている人が多いのです。
この水道水とミネラルウォーターについて考えてみたいと思います。

まず、水道の水を直接飲んでも安全な国と言うものは世界の中で限られていて、日本はその中の一つなのです。
蛇口をひねればきれいな水が出てくるということは、当たり前のようですが、これは世界では珍しいということになるのです。
ですから外国では健康に良いからミネラルウォーターを飲んでいるわけではないのです。
水道水が飲めないから、ミネラルウォーターを買って飲むしかないという国も多いのです。
 

ウォーターサーバー

2010年8月18日 株式会社モビメント |

最近では、健康志向の高まりからミネラルウォーターを飲んでみようと考えている人は多いのではないでしょうか。
しかしながら、ミネラルウォーターを毎日飲むためにはある程度安い価格でなければなかな継続することは厳しいですよね。
また、スーパーや量販店などで毎日購入するのも大変なことです。

そのような時に便利なのがウォーターサーバーです。

マイウォーターなら1日たった125円で、美容と健康に最適なウォーターサーバーを設置することができるのです。レンタル料、配送料、追加配送料など一切費用はかかりません。

病院などの待合室にミネラルウォーターのサーバーが設置されているのを見たことがありませんか。
あのサーバーと同じようなものが家庭にも置けるのです。
万一故障の際も一切費用はかかりません。

多くの人が毎日の水分補給にミネラルウォーターを飲んでいます。
また、料理に使用したり、コーヒーや紅茶に使用したりする人も多いですね。

人間は一日に約2リットルの水が必要だと言われています。
家族で飲むのであればあっという間にサーバーの水を飲んでしまうことになります。
ミネラルウォーターをコンビニに買いに行かなくて済みますから、気軽に健康飲料を飲む習慣ができてきます。

冷たい水でもお湯でも出せるタイプなので、ミネラルウォーターを好きな時に好きなスタイルで飲むことができます。
 

ミネラルウォーターの硬度

2010年8月11日 株式会社モビメント |

現代の食生活においてミネラルウォーターは必要不可欠なものになっています。
市販されているミネラルウォーターはたくさんありますが、どれにするのかを決めるのは容易ではありません。

ミネラルウォーターを選ぶための基準に「硬度」という指標があります。
ミネラルウォーターにはミネラルと呼ばれる成分が含まれていて、そのミネラルの含有量を硬度と言う数値で表現しています。

ミネラルを多く含む方が硬度の数字は高くなります。
硬度が低いものを軟水と言いますし、硬度が高いものを硬水と呼んでいます。
実際にコンビニやスーパーなどで販売されているものの成分を見てみると、ほとんどのミネラルウォーターに硬度が表示されていると思います。
いろいろ見てみると、数字にかなりばらつきがあることもわかります。

それだけ同じミネラルウォーターと言っても内容が違うと言うことです。
硬度の違いによって、飲みやすさやミネラルの含有量が違ってきます。
一般的には軟水が飲みやすいとされています。

ミネラルウォーターはミネラルを含んでいるからこそ、商品としての価値があるのです。
ミネラルウォーターは採取した地下水の成分をできるだけそのままの状態で商品化したものです。

自分で飲んでみて、おいしいと感じるものを飲むことをお勧めします。
健康を考慮して選ぶことも大切ですが、やはり「おいしく」飲みたいですよね。
 

天然ミネラルウォーターとは

2010年8月 5日 株式会社モビメント |

天然ミネラルウォーターとは、原水の成分に無機塩添加などの調整を行っていないもののことをいいます。
もちろん、殺菌や濾過などの工程は通ります。

天然であることは地下水をくみ上げた状態の成分のままということです。
通常私たちが飲んでいる水道水は、塩素消毒されていますからとてもおいしいとは言えません。
しかし、山の山麓から流れてくる地下水にはそのまま飲めるものがたくさんあるのです。
雑菌などを消毒すれば何の問題もないのです。
この天然ミネラルウォーターは、採取される地域によって成分が大きく変わってきます。
そのため、自分がどのようなものを求めているのかをはっきりさせることが大事です。
ミネラルと言うのはカルシウムやマグネシウムなどのことですが、それらをどのくらい含んでいるかによって硬度が決まります。
そして飲みやすさも決まってくるのです。

美容によいのは硬度が適度に入っている中硬水と呼ばれるものです。
ミネラルを適度に含んでいて、そして飲みやすいということです。

また、ミネラルの中のカルシウムやマグネシウムなどの成分のバランスによって微妙に味が変わってきます。
ミネラルウォーターは毎日飲むことが大切です。
ですから、自分が飲みやすいものでなければならないのです。
 

ミネラルウォーターとダイエット

2010年7月28日 株式会社モビメント |

ダイエットの方法はたくさんありますが、なかなかうまくいかない人が多いのはなぜでしょうか。
無理な食事制限などをすると、精神的に無理をしているのですからリバウンドも大きくなります。

そこでミネラルウォーターでのダイエット方法をご紹介します。

体重を気にするあまり、必要な食事を摂っていないと言う人もたくさんいらっしゃるかと思います。
極端に食事制限をすることで、急激に体重が減るかもしれませんが、「リバウンド」のリスクが高いです。

そこで、手軽に始められる「ミネラルウォーターダイエット」
もちろんミネラルウォーターはノンカロリーです。
ジュースなどの高カロリー飲料を飲む代わりにミネラルウォーターを飲むことで、カロリーを抑えます。
また、ミネラルウォーターに含まれるミネラルが体の中の老廃物を排出してくれます。

ダイエットの成功の鍵は体の健康を考えると言うことです。
不健康な状態でダイエットをしても、それは成功しないのです。
人間ですから水分補給は必ずしなければなりません。
おおよそ、人は一日に2kgぐらいの水分を摂っていると言われています。
それがノンカロリーであるかそうでないかはダイエットの観点からかなり重要なことであると思いませんか。

ミネラルウォーターを飲むことによって生活のリズムを整えましょう。
便通もよくなりますから、気持ちよく生活ができるのではないでしょうか。
もちろん、すぐに効果が表れるわけではありません。コツコツ継続することが重要です。
 

ミネラルウォーターの効果

2010年7月21日 株式会社モビメント |

フランスなどの外国ではミネラルウォーターの効果は医学的に認められていて、温泉で治療などをするときに健康保険の適用を受けることができるのです。

また、温泉のお湯と同じような成分であるミネラルウォーターを飲むことにも利用効果が注目されているのです。

フランスではミネラルウォーターのメーカーは自主的に厳しい社内基準を設けており、質の高いミネラルウォーターを生産されています。

ここではミネラルウォーターの効果について考えてみましょう。
温泉を考えてみてわかるように、肌の美容にいいということがわかります。
また、カルシウムを豊富に含んでいますから、カルシウム不足によって起きる骨粗鬆症などへの効果が期待できるのです。
現代でもまだミネラルウォーターの効果は医学的に完全に解明されているわけではありませんが、水道の水を飲むよりもミネラルウォーターの方が体にいいということは誰でもが実感しているかもしれません。

もちろん、健康にいいとしても短期間で効果が上がると期待してはいけません。
毎日摂取することによって数年のスパンで健康になっていくと考えましょう。
どのような体質の人であっても、その効果を期待できるのですから、人気が高くなっていると言えます。
 

ミネラルウォーターとは

2010年7月16日 株式会社モビメント |

ミネラルウォーターは最近ではどこにでも買えるようになりましたね。
このミネラルウォーターについて考えてみましょう。

そもそもミネラルウォーターとはどのようなものを言うのでしょうか。
それは容器に入った飲料水ですが、そのもとが地下水によるものです。
原水の成分に対して、調整を行っていないものをナチュラルウォーターとかナチュラルミネラルウォーターと呼んでいます。

ようするにそのままの水と言うことです。

ミネラルウォーターに対する言葉としてはボトルドウォーターと言います。
厳密な区分は農林水産省のガイドラインがあります。
日本にはもともとミネラルウォーターと言うものはありませんでした。
外国から入ってきたのです。
水の事情が国によって大きく異なっています。
日本ではたいていの土地で井戸を掘れば地下水を汲みだすことができます。
そしてそれは飲料水として問題ないのです。

しかし、イギリスなどでは地下水の水は飲めないのです。
硬度が高すぎるためです。
そこで、他の地域の地下水を瓶に入れて販売するようになったのがミネラルウォーターの始まりでした。
日本では健康のためや自然によいということで、水道水よりもおいしい水を求めるようになりました。

それにメーカーが対応して現在販売されているようなミネラルウォーターがあるのです。
自然の水、大自然の恵みと言ったイメージでミネラルウォーターを飲んでいる人が多いのではないでしょうか。日本でも都会の水道水は塩素臭のためとても飲めないと言う人が多いのです。